Tech Note 01: 一般問題

Jan 03, 2005

© 2022 NSB Corporation. All rights reserved.


[英語版]

1. POSE/Simulatorが正しく動作しない

POSEまたはシミュレータが動作しているのにNS Basicがそれを認識しない場合(プログラムがダウンロードされないとか、複数のPOSE/Simulatorが起動してしまう等)、ファイアーウォールやアンチウイルス ソフトがソケット接続を妨害していないか確認して下さい。POSE及びシミュレータはポート6415を使って送受信を行っています。 ファイアーウォールやアンチウイルス ソフトを無効にするか、ポート6415を許容するように設定して下さい。

2つ目の可能性としては、古いバージョンのEmulink.ocxが動作しています。NS Basic/Palm 4をお使いの場合、このファイルはバージョン2でなければなりません。c:\WINNT\System32\Emulink.ocx (古いバージョンのWindowsをお使いの場合はc:\Windows\System32)を見て下さい。

また、Norton Ghost 6.5を使っていると、NS Basic/Palm起動時にランダムにハングするとの報告も受けています。

Palm Simulatorを使っている場合は、Simulatorフォルダ内のPalmSim.iniファイルを確認し、68KDebuggerPort=localhost:6415であることを確かめてください。あるバージョンのシミュレータでは、異なった値が設定されていることがあります。

上記の全てを試しても問題が解決しない場合は、\nsbasic\downloadsフォルダからprcファイルをPOSE上にドラッグ&ドロップするか、POSEを右クリックしてファイルを指定してください。

2. NS Basic/Palm起動時のError '429'

\Program Files\nbasic\palm\ReRegister.bat ファイルを起動して下さい。これはNS Basic/Palm が使っている全てのコントロールを再登録します。(このファイルをお持ちでない場合、nipponsupport© nsbasic.comまでご連絡下さい。)

Windows 95をお使いで、上記ファイルで問題が解決しない場合、ComCtl32.dllシステムファイルのバージョンが古いかもしれません。このMicrosoft Knowledge Baseにアップデートの方法が記載されています。
http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q186/1/76.ASP(英語)

3. Run Time Error 380 - Invalid Property Value

これはTrue Typeフォントだけを有効にしていると起こります。FontsコントロールパネルのView OptionダイアログにTrue Typeフォントのタグがあります。タグをクリックして画面を切り替え、"Show only True Type fonts in the programs on my computer"のチェックボックスを外して下さい。

これは時にWindowsが、NS Basic/Palmが使う特殊フォントの配置を許容しないように設定されている場合に起こります。これを直すには、"\program files\nsbasic\fonts"に入っているフォントを"\windows\fonts"へ移してください。

5. ボタンを右クリックするとクラッシュ

「私は今週NS Basic/Palmを手に入れましたが、全く同じ問題にぶつかりました。私はK6-2/400, Win95 OSR 2.1, 及びTrident AGP 9850 video cardを使用しており、TridentのWEBサイトからの最新のドライバーで走らせていました。ビデオドライバーをWindows提供のもの (Trident Super VGA か Microsoft Super VGA)に取り替えたら、NSBasicは正常に動作しました。もちろん、リフレッシュ比は理想よりは劣りますが、少なくともNSBasicが使えるようになりました。参考までに・・・」by John Rook

6. "From Object ID #xxxx (...) is completely offscreen."

このメッセージは、ListboxまたはPopupオブジェクトを画面の端に近いところに置いた時に、POSE上で現われます。Palm OSがオブジェクトを作成する時、小さなスクロール矢印をオブジェクトの右側に作成します。このスクロール矢印が画面から外れていると、このメッセージが現われます。実際は(xxxx-1)としてオブジェクトは参照されます(xxxxはオブジェクトID番号)。 このエラーメッセージは無視して構いません。実際のデバイス上で実行すると、問題ありません。

7. 作成したアプリケーションをインストールしようとする時、"Can't find any username to install programs for...installation cancelled."というメッセージが現れる。

最初にHotsyncを正しく行う必要があります。Hotcync中に設定を初期化し、usernameを認識します。

8. インストール中に起こる"Unable to find the PalmCntl.ocx"

これは古いバージョンのNovell Clientがインストールされているのが原因だと考えられます。4.81.1.1か、さらに新しいバージョンのNovell Clientがインストールされていることを確認して下さい。(Novellの社員によるアドバイスとして)別の解決策はセーフ(Safe)モードでのインストールです。

9. NS Basic/Palmを完全に取り除く

Windowsのアンインストーラは、アプリケーションがインストールされてから修正が加えられていないファイルだけを取り除きます。結果的に、パッケージのアンインストールはファイルやレジストリキーを残すことになります。以下のプロセスを行うと、システムからNS Basicを完全に取り除くことができます。これは完全にきれいな再インストールを行いたい場合にとても有効です。

  1. NS Basicを「スタート」メニューからアンインストールする
  2. c:\nsbasicフォルダを消去。あなたのファイルがあるかもしれないのでバックアップを忘れずに!
  3. c:\program files\nsbasicフォルダを消去。
    NS Basic/CEがインストールしてある場合、c:\program files\nsbasic\CEフォルダは消去しないように!
  4. レジストリをきれいにする:
    [スタート]...[ファイル名を指定して実行]...でregeditとタイプ。OKをクリック。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\NSBasicへとナビゲートする。
    それを右クリックして消去する。
  5. C:\Windows\Palm OS Emulator.iniが存在する場合は、それを消去する。